2018.01.26 UPDATE ちえのわ不動産の使い方(売買編)

不動産には大きく分けて、賃貸と売買があります。
今回は売買編。
売買では、「土地」「中古戸建」「中古マンション」を扱います。
新築戸建(建売住宅)、新築マンション(分譲マンション)は、それぞれ建主(デベロッパー)さんから購入するのが一般的なので、弊社では扱いません。



売買不動産を取り扱うエリア

主に岡山市北区、岡山市中区
他の希望エリアはご相談ください


・まずは来店してお話を聞かせてください


不動産屋さんのウェブサイトと言えば、物件情報が沢山あって自分の気に入った物件がある不動産屋さんに行くのが一般的です。しかし、ちえのわ不動産には、ほとんど載せていません。



これは「ちえのわ不動産に仲介する物件が無い」という訳ではありません。物件情報は、住まいる岡山をはじめ、弊社で情報を掲載するまでもなくインターネット上に溢れる時代だからです。



今の時代は、洪水状態とも言える物件情報の中から、お客さんが予備知識も無く物件を探している時代。でもやっぱり専門的なナビゲーターが必要なのでは無いかと思うようになりました。予備知識が無く物件を探すと、見た目のキレイさに惑わされて条件の悪い物件を購入してしまったり、ローンの最大借入可能額から予算を決めて、家を手に入れた後も節約生活が続くことになったり、と言う可能性があるからです。



お客さんにとっては、いきなり不動産屋さんに行くのは、できれば避けたいと思われるのは分かるのですが、一度ご来店頂いて、ゆっくりお話を聞かせてください。





・来店されてお伺いしたいこと

「どんな場所で、どんな家に住みたいのか」と言うことを中心にお伺いします。私みたいな人が行って大丈夫だろうか、と気にされる方もいらっしゃるのですが、大丈夫ですよー。今すぐ購入する訳じゃ無くても、うちに興味を持ったらお越しください。
お話をした結果、お客さんによっては今は家を買うべきじゃ無い、とお話することもあったりします。




・物件をお探しします

条件にあう物件が出てきたらメールで連絡します。
なかなかメールが来ないときは、なかなか条件が厳しいかもしれません。再度、条件を練り直すために再来店していただく場合もあります。




・内覧をします

メールで送った物件でお客さんが気になった土地または中古住宅を見に行きます。土地は、この土地にどんな風に家が建つのか、中古住宅であれば見た目では無くリノベーションした後の姿を想像しながら見ます。最初は見た目のキレイさ、汚さに惑わされて、なかなか想像できないものです。私もそうでした。




・新築プラン、リノベーションプランを提案、物件調査報告書を出します

内覧されて感触が良ければ、新築プラン・リノベーションプランを提案します。今までお伺いした要望を踏まえて提案。だいたいの建築予算も入れるので、総額いくらかかるかの予測もつきます。物件調査報告書は、登記簿や役所調査をして、安心して購入できる物件かどうかのチェックをします。

ちえのわ不動産の使い方(売買編)1
・購入申込書を提出、住宅ローン仮申込み

プランと調査結果にご納得いただけた場合、売主さんに購入の意思表示をします。住宅ローンの仮申込も同時に行います。




まずはご相談にお越しください。
ご相談予約フォームはこちら
http://www.cienowa.com/appointment/

Related article関連記事

Categoryカテゴリー

一覧へもどる

TOP